同窓会

4月の末、GWが始まったばかりの時に小学校の同窓会をした。

集まったのは10名程度。

ただ担任も来てくれた。

担任とは小学校を卒業した30年以上前から一定の期間毎に交流がある。

それでも担任として受け持ってもらったのは2年。

今我が子の小学校は毎年クラスも変わるし、担任も変わる。

これは地域差もあるんかもしれん。

でも今回改めて思ったのはたった2年間だけなのにここまで続く関係を築けたのはやはり担任のおかげだろう。

小学校卒業後、中学校まではある程度同じ。

でもそれ以降は皆それぞれ違う道を選んだはず。

でもこうやって40歳をすぎても集まれる。

そしてLINEグループを組んで他愛もない話を日々している。

それだけ出会いってのが大事なのがわかる。

YOASOBIの三原色じゃないけど、結局必然な関係は繋がっている。

担任が教えてくれた、「目標は肯定文で立てよう」

これもいつも僕の心にある。

こんなにたくさんの人がいる世界で出会えたこと自体が奇跡。

これを大事にせずに何が大事にできるんだろう。

いい出会いもそうでない出会いも自分の肥やし。

感謝しないとね。

コメント